dusty daydream


くすんだ夢の先。
そこは異次元。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【第17回文学フリマ新刊】
『めさいあ。』
2013.11.04 刊行 A6(文庫)版 80P 400円

着想構成執筆8年。
ヒロセの学生生活を清算するべく世に放たれてしまった一作。


-------------------------------------------------

吐き出した白い息が鼻先をかすめて、ああ、憂鬱だなぁなんて思った。
勉強に明け暮れていたら、気が付いたら年が明けていた。

中3、1月、受験生。
唯一の親友が/となりの席の男子が、学校に来なくなった。
そこから始まる三人の最後のおはなし。



(オンマウスで裏表紙)
<< NEW | TOP | OLD>>