dusty daydream


くすんだ夢の先。
そこは異次元。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
クラスタ迷子
すっかり寒いですね。
お久しぶりの更新です、ヒロセです。

公演やって、演出つけて、演技して、舞台観に行って、
イベント参加して、小説書いて絵も描いて、
あまり変わりないといえばないかもしれないけれど
そんな日々でした。


先週の土曜に千秋楽を迎えたサークルの本公演。
わたしは演出やってたわけですが、
正直、改めて演出向いてないなって実感しましたorz
やっぱり照明、制作とか、裏方のが向いてます。多分。
自分に演技の素質がないからかもしれないけれど。
やっぱり「好き」だけじゃ生きていけないってことなんでしょうか。
「辛い」って思えるようになっただけ少しは成長してるのかなー、って。
そうポジティブに考えたいですね。。

だけど、、、ってちょっと口ごもっちゃうのがつらい。
いっぱいいっぱい駄目出しが欲しい。
誰かわたしを突き落として。
楽しい事を楽しい!って全力で立ち向かいたい。

次にサークルで公演参加するのは来年7月の公演になる予感がしているので
それまでにいっぱい勉強します。
外に目を向けないと。
話がうまく進めば卒制公演参加できる予感ですし。。
ていうか、去年のこの時期から本公演終わったら外に出るって決めてましたし。


楽しい事がしたい!!!
って、最近ずっと考えてます。

来年の3月に1本公演打ちたいなー、って。
演出向いてないけど、やりたいことやるにはこれが一番の近道ですからね。。
動機は学校のハコを教室にしたいな、って思ったこと。
あのハコに高校とかで使う机並べたらすごくカッコいいと思うんです!
学校内の人にしか伝わらないのがつらいんですけど!!
なので、年内に脚本1本書きあげる予定です。
宣言。

話は徐々に固まりつつあるけど
誰が出るとかまだ全然決めてないので未知数もいいところですが。。。
全力で楽しみたいって思います。


もう1つ芝居の関係で。
数年ぶりに演出つけられる側に回りました。
サクラ、アンダーザウォーター』という作品に出演させていただいたんです!
演出さんが舞台畑の方ですし、
なによりプロの声優さん、未来の声優さんたちに囲まれてだったので
毎回ドキドキしながらの稽古、収録をさせていただきまして。
すっごくいい勉強になりました。
演技楽しいー、舞台立ちたいー、ってなりました。というか、なってます。
この作品はiTunes podcastで聴けますので、
お時間ありましたらぜひ聴いてみてくださいです(*´∀`*)


いろいろありすぎたので色々割愛しますけども(観劇関係は別カテでまとめたい)、
今日(27日)は美術館いってきましたー。
ゴヤ展@西洋美術館。
楽しかったです。
人と一緒に美術館行くのも久しぶりでしたし。

とにかく『ロス・カプリチョス』の画集が欲しい!です。
(スペイン語履修してるのに「el」と「los」間違って記憶してた;冠詞orz)
『着衣のマハ』とか、目玉の作品よりも素描帖の作品群に惹かれました。
銅板、木版大好きなんです。
で、ウィリアム・ブレイクの展示もやってたのでついでに観てきました。
画面構成が面白いですねー。
あんな本作ってみたいなぁ、って。
ただこの点に関しては自分の画力のなさを呪うしかないですorz

そしてその後、馬鹿なわたしは連れを引っ張りまわして
上野→秋葉原→日暮里 のルートで愉快な散歩をしました。
実質6駅分くらい歩いたことになるのでしょうか。
ごめんね午前中授業受けてたのにね。付き合ってくれてありがとう(笑
そしてごめんなさい、とこの場で謝罪しておきますごめんね。
久しぶりに沢山歩いたので満足でした。


いざ更新しようとするとするすると言葉がこぼれてきますね。
そうそう、23日は俳優座観劇の後、ナンジャタウンで阿呆ほど散財してきました。
財布が軽い……! 通帳の残高が笑えません。
アイマスとのタイアップは今月いっぱいなので残念ながらもう行けないけど、
イナイレは来年1月までみたいなので、もう1回行きたいなぁ、と。
Vitamin目当ての友人についていっちゃおうかしら(笑

そんな感じで、いろいろと遊びまわっています。
ひたすら演劇ばっかりやってた約半年間。
もっと外に目を向けないと、って(さっきも書いたけど)。
本も読みたいし、美術館・博物館にも行きたいです。
舞台もいっぱい観たい。経験積まなきゃ。
しかしそのためにはまず働かなければ何にもできないわけで。
年内は粛々とバイトしながら脚本書きと、それを上回るインプット。
楽しく生きたい。

なんかもうブログの書き方を忘れ去りつつあるわたしでした。
おやすみなさい。

Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://dramaaax.jugem.jp/trackback/40
<< NEW | TOP | OLD>>