dusty daydream


くすんだ夢の先。
そこは異次元。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
change
また広告出るまで放置……orz
前回更新して、次の週末にでも記事をかこうと思っていたのですがね。。。


3月11日の震災について。
一刻も早い被災地の復興をお祈りするとともに、
被災に合われた方々へのお見舞いを申し上げます。
わたしも、本当に小さい力ではあるけれど、できることをしていきたいと思います。
The world is all one!の精神で。

あの日、わたしは学校にいてサークルで絵を描いたりしてるときに揺れがきまして。
建物の外にまで避難するレベルの地震というのは初めてだったように思います。
サークル所有のPCでネットしたり、携帯したりで情報収集したり、
かねてよりの胃痛でダウンしたり、学校に一晩泊ったり。
初めての、だけどもう二度と繰り返したくない体験でした。


3月11日以前の価値観と今の価値観が違うものになってきてるというけれど、
正直今のわたしにはそれが全然よくわからなくて。
ほんと、このまま漠然と生きて終わるんじゃないかなーって。
いろんな部分が鈍くなってるんだろうな、って。
いや、ほんとうに寒気がする。
……このへんの正直な気持ちについては追記の方に描いていこうと思います。
ちょっと、自分でもどうしたらいいか本当にわかっていないみたいで。。。


そんな理由で……かはわかりませんが、最近また映画とか舞台とか美術館とか
数打ちゃ当たる的な勢いで色々摂取しようとしてます。
図書館で借りてきた映画観なきゃだわー。

少しずつ整理ができたら、
観てきたものの感想とかをまとめられたら……いいな。。
「半券ノート」というものをつくっていこう。。。


さて、今日の記事のタイトルの『change』ですが。
色々周囲の環境であるとか自分自身であるとか、
ちょっとずつ変化がありました。
中3の時から伸ばしてた髪をざっくり切ってショートにしてみたり。
ずっと欲しい欲しいと嘆いていたベッドを購入したおかげで部屋が広くなったり。
2年生になったり。
あとは、この心機一転な波にのっていい方向に変わっていければいいな、
っていう安直な願望も込めつつ。。みたいな。



あ、そうそう。
ひとつ愉快なのか不愉快なのかよくわからない出来事があったのでそれだけ書いておこうかな。

土曜のことです。
展覧会からの舞台だー楽しみだなー、とか考えて出発準備をしていたときのこと。
東京にあるショップの勧誘みたいなアンケートという名目の電話がきて、
その電話相手と40分間喋りこむという謎の展開がありました。
その40分の間によくわからない雑談をしたり説教を受けたりしたんですけど
一体あれはなんだったのでしょうか。
で、最終的に相手の方が携帯番号を要求してきたので電話を切ることになったわけですが。
と、今ここで話したいのはその電話の内容ではなく。
(会話の内容もそれなりに面白かったのですがここでは割愛)

本当はわたしも割と急いでいたから10分くらいで切ろうと思っていたのですが、
相手がやたら口がうまかったので、つい観察をしようと思い始めてしまったのが運の尽き。
でも、なんとなーくああいうアパレル系の店員さんのノリというのも理解できたし、
何より相手の隙をついて売り込んでこようとするその勢い、
次から次へと言葉を継いでくる機転のきく語り口にすっかり感心してしまいました。
相手を自分のペースにひきこむのが本当に上手い。
以前、別名義でラジオをやっていた際、言われた
「人間はみんな質問されるのが好きなんだ」って言葉を思い出したり。。。
観察している半面、冷静になりきれない自分がちょっと悔しかったです(苦笑

相手をどうにか顧客として取り込みたいんだから
それなりに相手の意見も持ちあげなくてはいけないわけで、
彼が説教するときに語った自身の略歴がどこまで真実かはわからないけど、
もしあれらのいくつかが嘘なのだとしたら
「自分の外にあることがらを自分の言葉として淀みなく発する」
という演技の技術を身につけていることになるわけで。
うーん、、すごいなぁ。。

あと、「店員」という「仮面」をつけて演技をしている状態で、
無防備な「素顔」の状態の「わたし自身」にいろいろ質問しかけてくるのは
なんてずるいんだろう、とも思ったりして。
フェアじゃない、と。
いろいろぐだぐだと書きましたが、ある種の演劇性を感じた経験でした。
それにしてもやっぱり東京のオサレなそういうあれとか怖い!!
半分埼玉県民になってきてるけど、千葉に住んでてよかった(笑



これからちょっと勉強してから寝ます。
必修の単位はなんとか取れたので、2年次もスペイン語とることにしまして。
ほんとに授業が楽しくて仕方がない。
月曜は3限から登校というゆとりっぷりも発揮しちゃってますし(笑
ではでは、おやすみなさいませ。


----------------------------------------------------------------------------------



本当に自分でも馬鹿だなあ、って思います。
だけど、どうにか吐き出しておきたかったのでここにおいておきます。
気分を害される方ももしかしたらいるかもしれないので
一応ワンクッションおいておきます。

では。






今、震災について思っていること。

「価値観が変わってしまう」って何?みたいな。
そんなことを考えている。
震災直後、実にtwitterで荒れていたけども。
本当にすべきことは声を荒げることなかったのかもしれない。
かといって、じっとしているというのも自分には無理だった。
そして今。
自分の中で整理しきれないまま叫んでいた事象から少しずつ離れているのを感じていて。
何なんだろう、って思います。
別名義でチャリティ企画などに参加してみたりしてはいますが。
何ができるんだろう、って。

「元気を出して」「笑って」「play for JAPAN」「ひとりじゃない」
そういう言葉で溢れていた。
「浮かれた外野の声なんて届かない」「高見の見物」
安全なところから偽善心振りまいて何やってんの、とか。
それは本当にそのとおりだと理解しているアタマもあって。
少し混乱していた節もありました。

4月9日に上演予定だった芝居も延期になってしまって。
少しでも「楽しくなれること・もの」というものに触れていたくて。
それに自分からも提供したくて。
それができなくなってしまったのが本当に悔しかった。
このまま中止、という終焉が見えかけているし。。。

わたしたち以外にも日の目を見ることができなかった舞台が沢山ある。
これから生まれるはずだった舞台も沢山あったはず。

誰も恨むことができないから、なぁ。。。
(ただし東電、てめーはだめだ)
(原発関連の話をきくのは本当に怖い)



こういう混乱を「価値観の変動」というのならば。
わたしはこれはちょっと違う、って思ったりする。。。


あー、わかんない! まとまらん!! もう!!! もうやだ!!!!!

やっぱ思考は小出しにしていかないと駄目ですね。
そのための140字、、というあれもあるかもしれないですけれども、
twitterではあまり真面目な面を出すことができないんですよね(苦笑

ちょっとだけでも吐きだせたのはいいことだな、って思います。
では、今度こそ。おやすみなさい。
勉強してきます。。。
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://dramaaax.jugem.jp/trackback/37
<< NEW | TOP | OLD>>