dusty daydream


くすんだ夢の先。
そこは異次元。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
眼鏡 on メガネ
昨日(土曜)『アリス イン ワンダーランド』見てきました。
レビューもどきやると確実にネタバレするので追記で軽く触れるだけにします。
ので、興味がある方はぜひ追記の方までお付き合いよろしくお願いいたします。



前回の記事で書いた「水玉と乙女性が云々」問題について。

せっかくGIMP落としたので書いてみました。
どうでしょう。。。
いかんせんドットの打ち方が荒いのでなんとも言えませんが・・・
乙女、ですかね?
たとえばアーバンギャルドとか見ると
うへぁってなるぐらい乙女乙女してるんですけどねー。


そんなわけでこんなGIMP習作でした。
とりあえずこの絵だと全然機能を活用してないのでGIMPについて勉強します。
まあ、バイト始まっていくらか入ったらAdobeの頭おかしい詰め合わせセット買いたいので
2、3ヶ月のお付き合いだろうとは思うのですが。。。
やっぱり使いこなせるにこしたことありませんからねー。

バイトといえば。
この前1社応募したんですが駄目でした。
追加質問された時点で駄目だろうなとは思っていたので案の定、という感じで
あまりしょんぼりはしていないのですが(苦笑
っていうかあれじゃただ先方に黒歴史曝しただけなんじゃなかろうか;
バイトは結局塾講師に落ち着く気がします。
もう5月の終わりなので空きがあればいいのですが。。。


んで、今日(日曜)はヒロセじゃない名義の活動してきました。
名義と活動内容はまだ秘密。
ちょっと遠出しましたが楽しかったです。
少しずつ知らない人と交流することで人見知りが直ればいいなあと思ってはいるのですが
なかなか難しいですね。。。


結局演劇をやっていく本拠地も埼玉に落ち着くことになり。
自分が大学で埼玉開拓すりゃいいんじゃないかみたいな。
そんな夢みたいなこと考えてます。
金曜に本キャンの劇サーの舞台観てきたんですが、
もうフライヤーの量が違いすぎてかなりへこみましたしね。。
大学でも懲りずにサークル兼部しまくってるので下手の横好き状態にならないように
それぞれのサークルでやってることを演劇に還元できるように。
引き続き真剣に遊んでいきたいです。

さて。
ちょっとアリスのこと書きます。
『リリイシュシュ〜』の感想もどっかに書き留めておきたいなあ。。




アリス・イン・ワンダーランド



ストーリーのネタバレはできるだけしないように頑張るので
相当わけわからん感想になると思いますが、あしからず。。。


アリスといえば地味に縁深いキャラだったりしますし(笑)、
なかなかに楽しみにしておりまして。
そして今話題の3Dで観てきました。
実はマジなガチャ目なので3Dメガネの類はなかなか合いにくい部分があって結構不安だったのですが
やっぱり眼鏡をかけて最初にディズニーのあの城のロゴが飛び出してきたときにはかなり感動でしたw
アリスが穴に落ちるシーンは動体視力が全然追いつかなかったんですけどね;
そして今回の記事のタイトルにもあるように 眼鏡onメガネ で鑑賞しました(笑

3Dメガネ越しの映像は、たとえばテーマパークで遊んでいるような。
そんな高揚感に襲われるような不思議な感覚で、
そして(誰かが言ってたけど)すごく前頭葉がすごくかゆくなる(笑
すごく、楽しいです。
ジェットコースターの頂上から突き落とされる直前とでもいいましょうか。
浮遊感とかなんかすごかったです。
双子が鳥に振り回されるシーンがすごく楽しかったですw


アリスの衣装とか衣装替えが何度かあってめっちゃかわいかったですしね。
さすがアリス、19歳になっても永遠の少女です。
個人的なお勧めは赤の城の衣装。
あとは淡い色がベースなのでそこだけ特に目を引いた、ってのもあるかもですが。
赤の女王はいけすかない奴だけど、センスは素敵w
あと犬と双子(ディー&ダム)と白の女王が好きでした。
双子の頭なでまわしたいw


一番すごいと思ったのはエンディングですね。
この質感どうなってるのwwwwwwwという感じで
もう漲りました。滾りました。燃えました。
どうやったらあんなことになるのか。
2Dではどれだけあの質感が再現されてるのかはわかりませんが
本当にあれはすごかった!
きのこ好きにはかなりたまらない感じではないかと思われますw


あとどうでもいいけどジャバウォッキーは「戦士」とはいわないw



賛否両論あるようですが、わたしはかなり楽しめました。
洋画的な無駄に壮大な感じとかも、原作とだいぶ違う感じですが嫌いじゃないですし。
せっかく観るなら3Dで観ることをお勧めします。
やっぱり製作意図もそこにあるんじゃなかろうかと思いますしね。
そんな感じで。
なかなかに楽しい時間を過ごすことができました。

今度こそシュヴァンクマイエルの『ALICE』も観るぞーと。
そんな決意を胸にこの記事を終わります。
長くなりましたがお付き合いありがとうございましたー。
Comment








ヤンシュヴァンクマイエルきたー!!
私も好きだよ!! 語れるほどの知識はないけど←
図書館のDVDは見た^^
posted by 小さい島のヒカル | 2010/07/31 11:35 PM |
非常に申し訳ないことに、、、放置状態中のスパムと闘っていたら
誤っていただいたコメントを削除してしまいました。。。
鷹澤さん、本当に申し訳ありませんでした・・・
いただいたコメントはしっかり読ませていただきましたが、1つ1つのコメントに返信できず本当に申し訳ありません。
削除に気づいてから誤削除防止の手段に気付きまして、
以後気をつけます。。


>小さい島のヒカルさん
おぉ、、、誰かと思ったら! 来てくれてありがとう!!
図書館に置いてあるのも気になってはいるんだけど如何せんグロ耐性がないもので、、
あれはちょっと怖くて手が出せないんだよね(苦笑
結局まだ『Alice』観れてないしね;;
あれ以来TSUTAYA行けてないとか何事・・・orz
posted by ヒロセアリサ | 2010/09/27 3:33 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://dramaaax.jugem.jp/trackback/31
<< NEW | TOP | OLD>>